お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い討ち

昨晩妻がT先生に呼び止められ簡単に言うと、
・自分はもう治らない
・地元に戻ることをもう一度考え直さないか?
と言われた。
米村先生の可能性に賭けて草津に留まったのに、どうも2人の歩調が合っていないf^_^;

何れにせよストーマ再建できる程の体力回復が前提なので、今週からリハビリに努めてることを自分は継続するしかない。
T先生曰く、自分の状態から体力を回復して手術まで出来た人は居ないそうだ。
しかしながら、自分は治る治らないを考えるのではなく、治るための行動をしているのだから、また水を差された形だ。なんだか白けてしまったよ。
また気持ちを上向きにしないと行けないなf^_^;

とは言え、考えなくてはいけないね。
僕的にはもう一度米村先生に確認する事を前提に
近々に体力が戻らないなら、一度戻ることを考えようかとも思ってる。
戻ってT先生の想像以上に回復して、出来るだけ早く手術に漕ぎ付けることを考えたい。
でもそれなら戻る必要あるのかな?
等々を考えようと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

癌は1人々違います、何が起きるか分からない、可能性に向かい出来る事全部やって下さい。

No title

>あんぱん父さんさま
コメントありがとうございます。

なかなか難しい中でトライ&エラーが続いてますが、なんとか頭をフル回転させて頑張っていきます。
いつもサポート、ありがとうございますm(__)m

No title

元々、癌治療に100%確実なのは無いのだから、色んな可能性を探索し、先々で後悔の無いようにしておいてくださいね。
なかなかお見舞いには行きだせませんが、応援していますよ。

No title

>毒遊さま
コメントありがとうございます。

なかなか後悔の無い選択っていうのは難しいですが、とにかくその方向に向かうようには仕向けたいとは思ってます。

またお会い出来る日を楽しみにして居ます。

山岸賢一
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。