FC2ブログ
お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰

先週約1ヶ月振りに職場復帰した。
高カロリー輸液を背負っての出勤。
朝の定時8時までに出社を目指したが叶わず、10時出社。
夕方は初日こそ定時まで居たが、以降は16時、15時退社に。
理由は正直大した仕事がないこと(まぁいきなり1ヶ月休み、未だ完全復調していない自分にはあまり任せられることがないことは容易に想像できるが)、ただそれよりやはり職場は寒くダウンコートを着込んでも寒さから逃れられず、結局体調不良で帰宅することに。
それでも途中休もうかと弱音を吐きかけたが、なんとか4日間時短ではあっても続けられた。
復帰してもあまり席の周りで声を掛けて来る者はおらず、なんだか自分は腫物のような感じ?(^^;;
まぁ、こう何度も倒れていると声もかけずらいのだろうが…。
上長や仲の良い数名が心配して声を掛けに来てくれたことは嬉しかった(^^)

高カロリー輸液を持っての出社は最初人目を気にしたが、他人は自分が思っているほど自分になど興味がないわけで、そう思ったらすぐ割り切れた。問題なのはトイレに行くだけでポンプから『輸液が流れていません』とのアラームが鳴る。まったく支障がないのにアラームが動くたびに鳴るのだ。流石にじっと座っている時はあまり鳴らないが、これには本当に悩まされている。会議の時や映画を見るときなども常に気を張ってる感じだ。

それから昨日予約していた草津は結局キャンセルした。
理由はやはり米村先生から離れる選択肢はないということ、もうひとつは草津まで行く体力・体調に自信がないこと。体調については正直なところで、今の状況下ではあまり動かなくて良い車であっても長距離は厳しい。
抗癌剤は前回投与からほぼ3週間経過。
なんとなく副作用の影響が薄れている感じがする。パウチ交換時にストマ周りを観察するとかなり治りかけていた肉芽に新たな芽が出来ていたのも、そう思う一因だ。
やはり2週間置きの投与というのは守った方が今の段階では良いのだろうと実感。
厳しい副作用ではあるが、高カロリー輸液もあることだし、来週の池田にてまた投与してもらい頑張って行こうと思う。

さて、週末土日は家を一歩も出ず(^^;;
とにかく休養にあてた。
封印していた電気毛布(電磁波を気にして)も解禁した。
とにかく冷える身体を温めることに専念した。
そして明日からまた会社、正直…ストレスだ。
妻とも長期傷病休業を取るか?など話し合いもしたが、まだそれは先の話として今はとにかく会社に行くことにしている。
とは言え、色々な面でやはりストレスになっていることは否めない。
ただ勤務時間が足りなくなる等の理由で無理はしないで、今は体調と相談して厳しいなら早退させてもらうようにしようと思っている。
甘いとか甘えてるとか、何と言われても構わない。
今は自分の身体を一番に考え、厳しい時は厳しいと正直になろうと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。