お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高カロリー輸液在宅対応教育 他

いよいよ入院3日目突入。

まずは朝一で米村先生に現状連絡し、1/8のVB+FOLFIRIを次回池田時にして欲しい旨伝えた。
米村先生は『では3週おきではどうだ?』と1週間先送りをおっしゃられたが、自分としては未だ体調回復していないし、また米村先生が居ない中での投与は避けたかったこともあり、次回池田時で了解頂いた。
池田には自分からその旨連絡し、3回目の投与延期を確定させた。
兎にも角にも、今は体調回復と安定状況維持方法に集中することが優先だ。

さて、本日のメインイベントは、表題の通り高カロリー輸液の家でのやり方のレクチャー。
最初は高カロリー輸液の混ぜ方、そしてポンプの説明からポート周りの消毒とテープの貼り方。
ポートの位置の関係から基本レクチャーの対象は妻のようで、自分はその光景をiPhoneで撮影しながら妻にテープを貼られていくと言う感じ。

一旦床屋の時間をなってしまったので中断し、戻り後再開。
ここからの方が色々あって、チューブを高カロリー輸液に刺し、チューブ内に高カロリー輸液を溢れないように満たし、ポートに刺さっている針に接続。
チューブをポンプに接続し、流量を設定。
と、まぁ、ザックリこんな流れ。
手順の冊子も貰えるし、動画も撮ったし、この作業のレクチャー&実地作業を3回以上は絶対必要!と言われるのかが良くわからない(まぁ確かに1回は厳しいかもしれない)が、3回以上させられるようf^_^;

消毒とテープ、チューブの交換は基本1回/週、
針の交換は1回/2週(外来対応)
らしい。
出来れば会社に高カロリー輸液やポンプを持ち込まず、夜だけの半日にしたいところだが、その場合毎日チューブを取ることになり、そのチューブは再利用不可か?(まぁ不可だろうが)
ポートフラッシュも外す都度必要か?(まぁ必要だろう)その場合の液は毎日分処方されるのか?
VB+FOLFIRIを併用する場合、バイパス使うけど問題ないですよね?高カロリー輸液が流れてない場合、同様にポートフラッシュ必要になると思うが、その分の処方は?
など、疑問・質問を看護師に聞いてみたが、明確な回答は得られず、改めて整理して質問させて貰うこととした。

以前鍵コメ頂いた方が在宅対応されてるとのことで、図々しくもメールさせて頂き、思案の参考にさせて頂いた。本当にありがたく、感謝でいっぱいだ。

総合すると、多分チューブは抜くたびに交換、ポートフラッシュも同様、結果的には高カロリー輸液は体調に合わせて流量を調節しつつ不要となるまでは24h流す、が最も経済的なのかな?と。
取り敢えず昨日の質問はぶつけながら、答えを導こうかと思います。しかし、在宅対応って幾らかかるのだろう?~_~;

話は変わるが、昨日は年末に行こうにもヘロヘロで行けなかった床屋に行ってきた。草津の床屋に次いで、病院の床屋が2軒目になった^ ^
薬で少しづつ減ってきた頭頂部に合わせてカットして貰った。やっぱ髪を切るのは気持ち良いね!^ ^
それまでは死神博士か昔の美術の先生みたいな状態だったので、すっきりしたよ(笑)

僕が床屋の間妻は本屋に行ってたようで、ことりっぷと言う旅冊子を買って来てくれた。方面は、萩・津和野・下関。
僕は歴史好きで特に幕末好きなので、もちろん大河ドラマはどれほど酷くとも見ています。
日曜の花燃ゆは松蔭の妹、文が主人公。今回もどれだけ創作されてるのかな?と探りながら病院のベッドで見ていたけど、後半の明倫館での松蔭と小田村のシーンは見応えがあったね。ぐっと来た!
で、回復して元気になったら一緒に萩に行こうって言ってたので、それでそんな本を買ってきてくれたらしい。
でもなんかちょっと嬉しかったねf^_^;

本当にそんな日を迎えられるよう、まだまだ頑張らなくっちゃ‼︎
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。