FC2ブログ
お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014

例年同様普通に明けた2014。
にもかかわらず、1月のTd病院の定期健診で腹膜播種の宣告。
そこから急激に体調悪化。
今回は本当にヤバいぞと、眉唾の遠隔気功やら画像治療やら、怪しげなモノにも手を出し、それでも結局何も変わらないまま腸閉塞となり…。
以降は3/末にTd病院から草津へ転院し、4月に手術、現在に至ることに。
本当に何もかも想定外の怒涛の2014前半(苦笑)。

なんとかブラジルW杯開幕をゴールに退院し、自宅療養を経て夏に復職。
2014後半は、しばらくは抗癌剤投与もあまり副作用の影響も少なく順調に生活でき体重も増加傾向だったのだが、薬の効きが悪いことより抗癌剤を何度か変更するに合わせ副作用影響が拡大し、食欲ダウンから体重・カロリーダウンにて体調が劣悪の状態に陥り、結果年末まさかの入院となった。

本当に今年は想定外のことばかり、厳しい1年だった。
この先、来年も何が起こるのか?これまでの経験からだけではやっぱり想像し切れない。
正直ネガティブな想い・考えに陥ることもある。
それでもあきらめたら終わりだ!
そう想い、とにかく前を向いて行くしかない!
強い気持ちを持って、でもあまりまっすぐ過ぎず、時には逃げながらも、まだまだ長い時間人生を歩み続けたいと思う。

2015は少しでも事態が好転するように祈るばかりだ。
でも、ただ祈っているだけではやっぱり変わらないかな?
自らの想い・行動こそがやっぱり最大の防御なんだろうな?
とにかく頑張って行こう!それだけだ!!

今年本ブログを読んでくれた方々、同じような腹膜関連で大変な想いを抱えているであろう方々、本ブログにお越しいただきありがとうございました。
改めて御礼申し上げます。
来年は共により良い年になるよう頑張って行きましょう!
それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいませ!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。