お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イリノテカン中止⇒前病院での腸閉塞入院まで

2/22、池田病院で開始したIRIS以降体調は更に下降の一途。
翌週は2度の下痢に悩まされ、眠ることもできず、近所のクリニックへ点滴に行く始末。
下痢は多分イリノテカンの副作用ではないかと。
で、下痢が落ち着くと今度は便秘になり、腹部がどんどん張ってくる。
今にして思えば、下痢による体力消耗を食事で補おうとしていたのだが、腸閉塞がここまで来ていることを意識できてなかったことが、敗因だったと思う。
※以降は以前の日記でも少し記載したがもう少し詳細に。
結局2度目のイリノテカン投与のため訪れた池田病院で腹部チェック⇒X線での診断結果り、『腸閉塞』確定。それも早急に対応が必要とのことだった。
今までの病院を出てこちらに来ている関係上、池田病院で処置をお願いすることになるのか?とも思ったが、今までの経緯を知っている前病院の方がBetterでは?とのことより、紹介状を書いていただき、前病院にTELにて状況説明し、引き返すこととなった。
イリノテカン投与は、池田病院の先生より『この状態で白血球値を下げるまねはできない。まずは腸閉塞の対処が優先』とのことより、見送られた。
池田病院へはかみさんと一緒に車で出向いたが、かみさんは運転ができなので箱根越え往復はなかなかHardではあった(苦笑)。
一旦自宅に戻り、前病院へは長女の車で向かったので、後部座席でグロッキーできましたが。
※救急窓口で診察してくれた医師が『池田病院からはどうやってこられたのですか?』と聞くので『往復自分で運転しました』と答えたところ、『このお腹で?!』と驚かれた。

池田病院でイリノテカン投与し、順調に腫瘍マーカーが下がり、5月に草津で手術と進めば計画通りなのだが、腸閉塞のようなトラブル的なことが起きるとやはり米村先生が1回/月というのは、正直難しいところもあるなと感じた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。