FC2ブログ
お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療&診断結果

草津入りした日の体温測定及び採血結果から、その夜から抗生剤を投与され、翌朝ベクティ&FOLFIRIの投与が延期と告げられました。
白血球増、炎症反応からの判断だそうです。
月曜には会議があるので、どうしても日曜には退院したい旨をT先生に伝え翌日に投与できれば可能との回答を得たので、入院二日目はとにかくひたすら寝ることにしました。

途中パウチの交換があったのですが、ここは全て患者の持ち物での交換(パウチもリムーバーもその他も患者に購入させて使用)だったことをすっかり忘れてました。草津に来る前にたまたまリムーバーが切れたので注文していたけど、草津にないことにびっくり!
今通ってるストーマ外来では色々なものをサンプルと称してくれるし、交換時もリムーバーやパウダー、コーティング、テープさえも病院もちで使ってくれます。それは話すと男性看護師は『儲かってるですね、その病院は』とのこと(^^;;

夕方T先生と話をした際、今回は投薬治療で来たけどこれまでの抗癌剤があまり効いていないこと、肉芽の皮膚転移から体内状況は悪化の傾向だと思うので、PETや造影CT等で今現在の位置を知りたいので検査してもらえないかを伝え、即造影CTを入れてくれました。

で、本日朝一にT先生が来てくれて、『投薬やりましょう』
なんとかぎりぎり日曜に帰れる日程で投薬がスタート。今現在5-FUの48H中ですが、今のところはまだ副作用は出ていません。まぁ、本当の闘いはこれからですが。2年前のアービタックス&FOLFOXでその辛さの雰囲気は充分経験済ですからね。

それから造影CTの結果もT先生から説明をいただきました。
結果、胸水がたまっている辺りに胸膜転移の疑い、肝臓に1cmほどの腫瘍確認、ストーマ周りの皮膚側だけでなく、内部にも腫瘍確認。造影CTで今現在の状況わかることは以上だけど、ストーマ周りに確実にあるということはその周辺及び対内には今後顔を出す予備軍が充分存在していると認識すべきだと言われました。
まぁ、そんなことは春に草津に来て、手術前後の説明で自分の腫瘍は取り切れなかった、播種という転移の性格上今後どこに何がでてきても不思議じゃない等々充分理解はしていたので、逆に今回の結果程度で済んで少々安堵した感の方が大きかったかな?だってもっと最悪も想定していたからね。
あとは抗癌剤くんがどれだけポテンシャルを発揮してくれるかだね。
ポテンシャルを発揮できるよう、僕は抗癌剤くんを信じてあげ、自身もポジティブシンキング状態を維持できるように努めるのみだ。適当に気を抜きながらね。考えすぎないように逃げる時には逃げながら(^^)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。