FC2ブログ
お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚転移

前回の池田でイリノテカン投与し、火曜夜までは元気だったのに、夜から(またこの晩は冷え込んだこともあり)絶不調の状況に。

そんな中、先日2週間毎のストーマ外来に行ってきた。
前回肉芽が成長方向だったことで場合によっては皮膚転移の可能性もあるとのことで、肉芽を採取され検査することになっていた。
今回のストーマ外来はその結果も聞くことになっていた。
結果、皮膚転移とのこと。
ストーマ周辺に腹膜転移が起こり、それが皮膚を通して肉芽となっているとのこと。対応としては、とにかく抗癌剤にて抑えるしかないらしい。
池田や草津に急ぎ知らせる必要があるかとの問いに対しては、結局やることは抗癌剤投与しかない。今のイリノテカンが効かないならアバスチンやアービタックスなど別の薬に切り替えることになるが、まだ3回ならもう少し様子見だと思う。6回くらい入れないと効果は判りにくいとのこと。
まぁ、XELOXのオキサリプラチンがアレルギーで投与出来ず、その間ゼローダのみ服用だったけど、特に副作用もあまりなく、逆に肉芽はその頃から出始めたようにも記憶する。
マーカー値右肩上がりだし、結果的にはゼローダは効かなかったと自分的には結論付ける感じかな?
ただ肉芽の状態は少し小康状態にも感じるし、イリノテカンはかなりキツイのでゼローダよりは身体が反応していることは実感するので、次回マーカーが下降傾向となり肉芽も収まる方向が目に見えると少しは気持ちも楽になるかもね。

今回のことは再発になるのかな?転移?
でも以前の日記にも書いたけど、僕は草津で手術した結果、癌細胞は全て取り切れていない。その後の抗癌剤にて対応を決めるとの話だった。
そういう意味では一旦であっても完治はしていないことになるし、一時的におとなしくしていた癌細胞が少し活発になっただけのことだろう。
残念ではあるが、今後は活発になった奴の少しおとなしくなってもらうよう、心と身体で対応していくしかないしね。
あまりメンタルをダウンさせずに、普通に保つよう心掛けないとね(^^)

もうひとつ残念なことをついでに書いてしまおう。
今年の再発で自分を変えたいと思い、あることにチャレンジしようとしていたけど、その本番が来月。これまで色々金と時間も少し費やしながら、体調と相談しながら進めていたことだが、ここで一旦ギブアップしようと思う。
心が弱いかもしれないが、イリノテカン投与後からの状況から正直何もできない時間が続き、最早時間切れと言わざるを得ない状況まで来てしまったのでね。
でも諦めるつもりはない。また次回、だめならその次、トライはしようと今は思っている。

とにかく今は心と身体を穏やかに元気に維持することに努めたいと思う。
まだまだゴールは先の先だからね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

母さんの時主治医イリノテカンの断念早かったよ、直ぐアービタックスで使える抗がん剤は無くなったけど癌も消えたんですよ、災い転じて福、信じましょう。

No title

身中に奴を飼っている身としては、何時どんなところへ新たな顔を出してきても不思議じゃないと、ある程度覚悟しているつもりでいます。
それでもやはり実際に出られると「くそ~」って思いますよね。
new.Kさんご自身で仰られているように、メンタルでダウンしてしまうのがある意味一番NGですよね。
病は気から、ですけど、それ以上に「健康は気から」です。
なかなか思うようにいかないことが多いけれど、最後には粘りが強いほうが勝ち!どっしり構えて行きましょう。

No title

私は幸運にもイリノテカンの副作用は軽かったですが、重く出る方が多いとは聞きますね。
そのイリノテカンは前の病院でのデータからもう効かないとの判断で次はXELOXになりましたが、初回の副作用が思った以上にキツく、次回以降の投薬に今から恐怖を感じています。
でも遺伝子検査でベクティビックスだかアービタックスだかは使えないと言われているので、今のXELOXに耐えるしかないと思っています。
辛いけど効果は見えたので、身体的にはキツくても精神面で頑張ろうと。

何とかメンタルを強く保っていきましょう!!

No title

>あんぱん父さんさま
コメントありがとうございます。
※返信が遅くなり失礼しました。

僕もイリノテカン単独はなくなり、薬が変わります。
とにかく信じて頑張ろうと思います!

No title

>harusameさま
コメントありがとうございます。
※返信が遅くなり失礼しました。

>それでもやはり実際に出られると「くそ~」って思いますよね。
本当、「くそ~」でしたね(^^;;

>なかなか思うようにいかないことが多いけれど、最後には粘りが強いほうが勝ち!どっしり構えて行きましょう。
まったくもっておっしゃる通りですね!
とにかく気持ちを強く持ち続けたい、その一点です!
頑張ります!

No title

>毒遊さま
コメントありがとうございます。
※返信が遅くなり失礼しました。

僕はベクティになりました。
アービタックスは以前使いましたが、これはキツカッタ。
ベクティも覚悟が必要かな?

毒遊さんも大変な状況かと思います。
春に会ったときはお互いそれほど大変に見えなかったのにね(^^;;
でもやるっきゃないですよね。

>何とかメンタルを強く保っていきましょう!!
ホント、これっきゃないですよね。
お互い頑張って行きましょう!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。