FC2ブログ
お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再確認 - これまでの経緯3 -

自分でも優柔不断だと思う。
けれどこれは命に係わることなので、セカンドオピニオンの結果を携え、これまでお世話になった大学病院の主治医にもう一度診察をお願いした。
方向は手術をする方向で考えているが、リスクも聞いた。だから正直迷ってる。直前で手術を辞める方もいるらしい。
今後向うで治療を行うことにするが、手術前に戻っても受け入れていただけるか?
手術後、例えば肝臓再発や肺転移などの場合は受け入れていただけるか?
虫の良い話かもしれないが正直に色々聞いてみた。
主治医の先生はこれまでにないくらいきちんと話を聞いてくれたように思う(これまではここまでしっかり話ができてなかった気がして、なんだか嬉しかった)。
向うで手術をした予後のことは正直受けられないとのこと。方針が違うし、何をしたかわからないから。それ以外であればいつでも受け入れるとも言ってくれた。

さぁ、決めなければ!…やっぱり手術だよな!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

今回の一連の経緯を読ませて頂きました。

まず腹膜播種の手術を受け入れる病院と医師がいることを知らなかったので、ちょっと驚きでした。
それを調べてきてくれるご家族をお持ちで羨ましいです。

私も来月に手術を受けますが、術中術後のリスクは当然承知の上です。
でもこの病気で根治を求めたら、手術しか選択肢は無いと以前から信じてたので即決できました。
結果はどうであれ、受け入れる覚悟もできています。

リスクをおそれては、術中のミスやトラブルでそのまま目覚めないこともある脳や心臓の手術は受けられなくなります。

転院についても、急に医師の方が患者の通えない他の病院に移ることも珍しくないのですから、患者が自分の納得いく治療法を求めて病院や医師を選ぶのは当たり前だと思っています。

もし私に腹膜播種が見つかったら、まずは今の病院で手術可能か訪ね、できないならできる病院や医師を捜していると思います。

お互い、色んな意味でまだまだ先は長いので、しっかり頑張りましょう。

>毒遊さん
コメントありがとうございます。
腹膜播種は基本手術不可と言われます。
自分もこれまでの癌を経験してきて、それなりの覚悟で臨んだつもりでしたが、今回ほど命を意識したことはありません。
そういう意味では覚悟が足りていないのかもしれないし、これまでの覚悟では間に合わないのかもしれないし、よくわかりません。
ただ最悪の場合のパーセンテージが今回ほど高いことはなかったことが迷いを生じさせてます。
それでも前に進まなければならない以上、おっしゃる通り決断は必要です。
そして僕は手術を選択します。
もしかすると毒遊さんと同時期の手術かもしれません。
とにかくお互い頑張りましょう。
本当にコメントありがとうございました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。