お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸閉塞 入院状況

3/8(土)に入院しイレウスチューブにて吸引を開始。月、火とX線にて確認いただき、昨日3/12(水)にX線TV+造影剤で状況確認。イレウスチューブは小腸の最奥までは到達していないようで、そこの詰まりはまだあるが到達個所は概ね吸引により症状が改善がみられるため、一旦吸引を停止し様子見となった。が、それがマズかった(苦笑)。
吸引停止が13時頃だったと思うが、検査時に腹部を結構押圧されたこともあり、気分が悪くなりベッドに戻り横になる。便がでるよう(貫通するよう)に、できるだけ歩いたり動いた方が良いとのことなので、段々と張ってくる腹部の不快さのまま入院棟を歩いた。支えがないと歩けなさそうなので、BeatlesのRevolverを聞きながら(Here There And EverywhereのとことAnd Your Bird Can Singのとこはテンション上がり)頑張って5、6周歩いた。不快な症状は更にレベルアップしたので、ベッドに戻り即横になる。
そのまま夜まで時々意識を失いながらじっと横になるが、腹部は張り続けどんどん盛り上がり、更に疝痛は酷くなるばかり。
看護師さんに症状を伝え、即吸引再開を依頼した。早々に担当の先生がやって来て、注射器で吸引。昼の造影剤を含め2ℓ引いていただいた後に機械による吸引を再開いただき、ようやくひと段落し、現在に至る。
しかし、小腸最奥の閉塞をどう解決するか?手術となると、5月に予定している腹膜播種の手術日程に影響する可能性もある。来週池田病院での診察もあることから、なんとかそれまでにこちらでの対応が終了していることを望ましいが、悩ましいところだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。