お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主治医面談

昨晩主治医の先生に30分程時間をいただき、手術のこと等色々不明だった点をお話させていただくことができた。
楽観的に考えればどうか?厳しい状況を踏まえるとどうか?
そしてそれらはお腹を開けてみないと正直わからないということも。
でも色々差しで話ができてよかった。忙しいところ、しっかり時間をとっていただいたことは感謝。
そうそう、主治医の先生と僕は同い年だと聞かされた。
『僕とnew.Kさんって同学年。全くの同級生』って。
『先生は激務なのに体調は全く問題ないですか?』と聞くと、
『ヘルニア持ちなんだよね』って(笑)

厳しい状況のお話は正直打ちのめされる程ではあったけど、考えても仕方のないこと。
そもそも播種と宣告された段階で以前の病院からはさじを投げられたわけで、ここに僅かな望みをつなぎに来たまでのこと。
そう考えるしかない。
今は良いイメージを想い、リラックスして当日を迎えればと思っている。
あと先生と僕の運命に委ねたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。