お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歩進んで2歩下がる

昨日は池田での6回目のVB+FOLFIRI投与予定日。
結果、白血球数が2万と突然上昇の為、投与不可となりました。

それ以前に、先週の米村先生の診察で禁食解除になって、僅かながら柔らかいものからほんの少量口にした矢先から、異変が…。
ストーマから一旦便が出なくなり、お尻から今まで出てた腸液に便が混ざって出てくるように。
1時的な事と様子を見ていると、ストーマからは少しずつ出るようにはなって来たが、お尻から出る分は変わらず。

ちょっと不味いなと思い、米村先生に相談すると、
・繋がっちゃったんだな、まぁそういうこともたまにある、様子見としよう
・まだ様子見で大丈夫

原因については説明されず。
熱は出てるか?と聞かれ、出ると解熱剤で落としてると答えたが、それでも様子見で大丈夫か?について、だから熱が出てるか聞いた、とウームな回答。

ついでにどんどん呼吸困難になっているため、間質性肺炎の疑いはないか?を訪ねると
・次の池田でX線撮って貰ってくれ。自分の指示と言ってもらってよい。

って事で事前に池田にその旨伝え、投薬前に撮影。

副院長からの説明は、
・胸水が少したまってるが、気にするレベルではない。

それ以外特に問題なしとの事だった。
便の事を話すと、
・抗癌剤を続けると時に腸に穴が開くこともある。
・体内に排出されてる場合、感染症のリスクあり
・手術してないから詳しいことは判らないが、すぐにどうこうと言う話しではない(過去の4例を話された)

と言うことで当日は抗生剤を点滴され、1週間分の抗生剤を処方されて終わった。

まぁ、当面食事を控え(完全禁食とは言われていない)抗生剤で様子見、抗癌剤は2週間後3/19に延期となりました。

帰りは久々にPAでソフトクリームを食す。
と言っても妻の分を少し分けて貰う程度なんだけど、冷たくて濃厚でうまかったぁ^ ^

副作用は益々酷くなり、布団からの起き上がり困難、口の中が痛すぎて会話困難にもなりつつあるけど、まだまだがんばらないとね!



スポンサーサイト

ネガティヴハート

昨日は池田の日だった。
長女の車で妻と3人で向かった。
池田での移動は車椅子。情けないが歩けない。

予定されていた腸の通過確認検査、ガストロ(バリウムの様なガストログラフィンを飲み、時間経過毎にX線撮影する検査)を行い、診察を待つ。

診察の結果、
・禁食解除、但し最初は消化の良いものを、そして食べ過ぎないこと
・マーカー値は下がってる(1ヶ月前に比べ半分)
・このままBV+FOLFIRIを予定通り続ける

と言うものだった。これだけ見れば頑張った成果として明るい材料だ。

米村先生に、
・身体は超シンドイ、これをいつまで続けるのか?
・その先は薬を変えるとか、手術とかもありそうなのか?
・その場合、いつぐらいになるのか?

を聞いてみた。

米村先生は、
・効果があるから継続、シンドくて量を減らしたり期間を開けると今の効果が低くなる。選ぶのは君だ。
・いつまでやるかは状況次第、手術も状況次第。
・シンドイのは皆同じ

との回答。

そして予定通り、来週池田での投薬を予約して診察終了。

禁食解除、マーカー値ダウンで妻は喜んでいたが、自分としては正直がっかりだった。
今後の見通しを少しでも得られればと思っていたが、それは叶わず。
この走れば走るほどシンドイトンネルを更にスピードを上げて走らねばならない。しかし、何キロ先に出口は有るのか?分からないまま走らねばならない。そんな心境になった。

夜、妻に心境を吐露したが、平行線。
俺って甘いのかな?弱いのかな?確かに弱ってる分ネガティヴ側に振れやすいとは思うが…。

ただこんな心持ちは癌には格好の餌食なことも判ってる。ただ少し、こんな感じで。きっと立て直すから…。

PS.帰りの車がシーンとしてたので、久々にマイナスターズ(さまぁ〜ず)のネガティヴハートってアルバムを流した。くだらな過ぎて、くくく…って皆笑いが出た。これだよな。

シンドイ

先週池田で5回目のBV+FOLFIRI。
禁食のため高カロリーあれど既に骨皮…人相もきっと相当悪いと思う。
体重も落ちてると思うが、薬量は大丈夫か聞いたところ、イリノテカンの4割減薬を提案され、受け入れた。

しかし、それでもシンドさは加速度的に襲ってくる。吐き気も加わり、最早立って数メートル歩くだけで倒れそうだ。
以前は辛ければ横になれば良かったが、今は横になっても辛く、睡眠時間も長くなくすぐに起きてしまう。僅かな時間眠ってる時だけが楽で、あとは寝ても起きてもシンドイ…。
抗癌剤の副作用ってこんなに厳しいのか?

明日は月1の米村先生診察日。
とりあえず長女の運転で連れてってもらうが、1日持つのだろうか?

ゲンカイ

情けない話ですが、今日から会社を休むことにしました。既に有休は消化済なので厳しい状況になります。

それでもBV+FOLFIRIの副作用は激しく、4回入れた現在で自分的には通勤・業務遂行不可と判断せざるを得ない、それが自己判断になりました。

体調が厳しいため寝てばかりなので、筋力も呼吸器系も更に衰えて、ちょっとなんとかしないと行けないと思いつつ、なかなか対応出来ず…。

今週5回目の投与が予定されており、それは予定通り受けるつもりではいるのですが、更なる体調ダウンを考えると、少々憂鬱な感じもします。

とにかく今週の投与を経て、来週の米村先生の診察で今後のプランを相談したいと思ってます。

Round.4

昨年の2月の大雪以上だと予報もされたあの日、池田にてBV+FOLFIRIの4回目の投与。最近車の運転に多少の自信がなくなったのと天候のことも考慮し、長女に運転をお願いし妻と3人で向かった。
雪は思ったほどでもなかったがとにかく寒かった。
高速は県境から雪が降り始め御殿場辺りは結構降っていたが、道路は積もることなく多少車の速度が落ちたことからの混雑はあったが、順調に流れ無事到着。
いつもの通り女性外来の部屋に通され、採血等済ませ点滴開始。
女性外来の部屋のエアコンも30℃にしてもらってもまだ身体は温まらず(家族や看護師さんは“暑い”と言っていたけど)、布団と毛布で3枚掛けてもらい徐々に体温を上げて行った。
点滴はやっぱり時間が掛かり、18:30前に終了。いつもの通り他の患者は既に皆無だった。
次回は2週間後。池田の前の週だ。
池田から3週間後にすれば米村先生の日になるから調整したらと言われたが、自分的には今は叩く時期。これまで時間を空けて来てあまり印象が良くないので、ここは体調は厳しいけどしっかり2週間で入れて頑張るところと思っている。
通う頻度は増えて負担も増えるが、行くとこまで行かねば!

翌日のTでのストーマ外来は長女とふたりで出掛けた。
帰りは処置室から駐車場まで車椅子を押してもらった。
ここんとこ世話になるばかりだ。
何かの番組で石原慎太郎が息子の良純に対して、“歳を取って息子に世話されていることに一種のエクスタシーを感じる”みたいなことを言っていたが、何となく理解できる気がする。
ありがとう、長女!またよろしくね!

昨日は地元のクリニックで高カロリー輸液の針交換をしていただいた。
池田からのこれまでの医療除法を受付の際に渡していたからだろうか、または抗癌剤でへばっているからだろうか、帰り際先生が僕の肩をポンと叩いて“頑張りましょう”と一言。
先生は結構現実派のようで最初に会った時から“この先どう生きるか?”みたいなことを話したけど、俺はまだまだ行くよ。だらだら甘えながらも、しぶとく行くよ。だから、まぁ見ててくださいな(笑)

んなわけな、通院3連チャンでした。
明日からまた会社。通院で2日欠勤したけど、明日も行けるかな?
まぁ、なるようにしかならんわな。
今日もゴロゴロしてよ。ギターの弦でも張り替えようかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。