お運び頂き、                    ありがとうございます
プロフィール

new.K

Author:new.K
2009年7月直腸癌宣告
⇒放射線治療後10月手術。
2012年4月肝転移宣告
⇒FOLFOX後12月手術。
そして2014年1月腹膜播種の宣告を受ける。
4/1草津総合病院にて手術を受け、永久ストーマになるもなんとか命を繋いでいただきました。
感染症と戦闘後草津を退院し、現在抗癌剤治療中。
草津でFOLFOXを1回実施後、池田病院にてXELOXに変更したが、オキサリプラチンのアレルギー反応にて断念、IRISに変更するも肉芽皮膚転移より効果が出ていないことより中止。
そしてVB&FOLFIRIに変更。
副作用にて食欲ダウン⇨体重ダウンでヘロヘロとなり業務継続不能なるも在宅高カロリー対応でなんとか継続投与していたが、腸に孔が開き投与中断。
現在ストーマ再建の為、草津にて入院・検査・静養中。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院日決定

現病院と草津側との調整により、転院(草津入り)が3/24(月)となりました。
初の草津入り、いったいどんなところなのか?ワクワク・ドキドキです。
で、焦点はイレウスチューブが入った状態での移動をどうするか?
最初介護タクシーで、なんて現病院から言われたのですが、目的地が滋賀県ですよと言うと「えっ?!そんな遠いんですか?」と看護師さん(^^;;
ネットで検索しても時間、距離でも全然違うし、でも東京沼津で45,000円くらいとも書いてあり、滋賀だったやっぱり10万は超えるよね。
そもそもそれほどの移動を介護タクシーが想定しているとは思えないし。
結局点滴を外し、イレウスチューブはそのままで、苦しくなったらマニュアルで引くという処置で乗り切る方法で落ち着きそうです。
移動は現実的には新幹線ですね。
現病院退院が前日夜なので、それまでにもう少し詳細と草津行の準備・持っていくものなどを色々検討したいと思います。
スポンサーサイト

イリノテカン中止⇒前病院での腸閉塞入院まで

2/22、池田病院で開始したIRIS以降体調は更に下降の一途。
翌週は2度の下痢に悩まされ、眠ることもできず、近所のクリニックへ点滴に行く始末。
下痢は多分イリノテカンの副作用ではないかと。
で、下痢が落ち着くと今度は便秘になり、腹部がどんどん張ってくる。
今にして思えば、下痢による体力消耗を食事で補おうとしていたのだが、腸閉塞がここまで来ていることを意識できてなかったことが、敗因だったと思う。
※以降は以前の日記でも少し記載したがもう少し詳細に。
結局2度目のイリノテカン投与のため訪れた池田病院で腹部チェック⇒X線での診断結果り、『腸閉塞』確定。それも早急に対応が必要とのことだった。
今までの病院を出てこちらに来ている関係上、池田病院で処置をお願いすることになるのか?とも思ったが、今までの経緯を知っている前病院の方がBetterでは?とのことより、紹介状を書いていただき、前病院にTELにて状況説明し、引き返すこととなった。
イリノテカン投与は、池田病院の先生より『この状態で白血球値を下げるまねはできない。まずは腸閉塞の対処が優先』とのことより、見送られた。
池田病院へはかみさんと一緒に車で出向いたが、かみさんは運転ができなので箱根越え往復はなかなかHardではあった(苦笑)。
一旦自宅に戻り、前病院へは長女の車で向かったので、後部座席でグロッキーできましたが。
※救急窓口で診察してくれた医師が『池田病院からはどうやってこられたのですか?』と聞くので『往復自分で運転しました』と答えたところ、『このお腹で?!』と驚かれた。

池田病院でイリノテカン投与し、順調に腫瘍マーカーが下がり、5月に草津で手術と進めば計画通りなのだが、腸閉塞のようなトラブル的なことが起きるとやはり米村先生が1回/月というのは、正直難しいところもあるなと感じた。

腸閉塞 入院状況

3/8(土)に入院しイレウスチューブにて吸引を開始。月、火とX線にて確認いただき、昨日3/12(水)にX線TV+造影剤で状況確認。イレウスチューブは小腸の最奥までは到達していないようで、そこの詰まりはまだあるが到達個所は概ね吸引により症状が改善がみられるため、一旦吸引を停止し様子見となった。が、それがマズかった(苦笑)。
吸引停止が13時頃だったと思うが、検査時に腹部を結構押圧されたこともあり、気分が悪くなりベッドに戻り横になる。便がでるよう(貫通するよう)に、できるだけ歩いたり動いた方が良いとのことなので、段々と張ってくる腹部の不快さのまま入院棟を歩いた。支えがないと歩けなさそうなので、BeatlesのRevolverを聞きながら(Here There And EverywhereのとことAnd Your Bird Can Singのとこはテンション上がり)頑張って5、6周歩いた。不快な症状は更にレベルアップしたので、ベッドに戻り即横になる。
そのまま夜まで時々意識を失いながらじっと横になるが、腹部は張り続けどんどん盛り上がり、更に疝痛は酷くなるばかり。
看護師さんに症状を伝え、即吸引再開を依頼した。早々に担当の先生がやって来て、注射器で吸引。昼の造影剤を含め2ℓ引いていただいた後に機械による吸引を再開いただき、ようやくひと段落し、現在に至る。
しかし、小腸最奥の閉塞をどう解決するか?手術となると、5月に予定している腹膜播種の手術日程に影響する可能性もある。来週池田病院での診察もあることから、なんとかそれまでにこちらでの対応が終了していることを望ましいが、悩ましいところだ。

腸閉塞

今現在の状況。
3/8(土)IRIS(TS-1+イリノテカン併用療法)2回目のため病院に赴くが、ぱんぱんの腹の状態を説明し画像診断を受けた結果、腸閉塞との診断。IRIS即刻中止となり、緊急入院。
※但し、腸閉塞の診断を受けた病院と入院した病院は別病院。その話はまた別途。
病院が休みの日であることもあり、救急窓口から入りX線⇒造影CTを経て、X線TVにてイレウスチューブを挿入され、吸引開始し現在まで継続中。(-15cmH2O/30sec間欠吸引)
ぱんぱんの腹で苦しい状態での入院だっため、吸引により今現在腹部はかなり楽になった。
今はこんな状況です。
これまでの経緯等は追って記載していこうと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。